【無料】おすすめ電子署名・ワークフロー管理ツールとその活用方法5選

近年はリモートワークを導入する企業が増え、人々はリモート会議ツールを始めとするオンラインアプリを使い始めるなど、新たな環境へ適応する事が必要になってきました。そんな中、これまでとは違った不満の声も出てきています。

ある会社では「自宅からだと同僚や上司・部下の仕事の進捗が分からない」であったり、「書類を取るためだけに会社に行くのは面倒くさい」といった、新たな不満をこぼす人々が出てきたようです。

そういった不満を解決できるのが、今回紹介するワークフロー管理ツールです。この記事では、ワークフロー管理ツールについてと、それを使ってビジネスを可視化して業務を効率化する方法を紹介します。 

ビジネスを可視化するワークフロー管理とは?

ワークフロー管理とは、「定型的な業務の流れをシステム上で実行、管理し、全体としての業務効率向上を目的とした業務プロセスの管理手法」です。従来、会社の資料は紙ベースで保存されていましたが、紙の資料を基にワークフロー管理を行う事は難しいとされていました。

そこで、登場したのがワークフロー管理ツールです。紙媒体でのワークフローの管理ではなく、オンラインでワークフロー管理を行う事で、大幅な業務効率化ができると言われています。

それでは、ワークフロー管理ツールとは具体的にどのようなツールで、どういった活用方法があるのでしょうか。

参照:(https://mba.globis.ac.jp/about_mba/glossary/detail-12066.html) 閱讀全文〈【無料】おすすめ電子署名・ワークフロー管理ツールとその活用方法5選〉

電子契約を比較|おすすめ電子契約サービス6選とメリットやデメリット

近年、日本でも電子契約サービスが広く提供されています。

ですが、電子契約サービスはまだまだ完全には浸透していないと言ってもいいでしょう。

閱讀全文〈電子契約を比較|おすすめ電子契約サービス6選とメリットやデメリット〉