2021年の教育改革とは?教育DXを加速させる4つのトレンド徹底解説

cover-group-study

 

最近ビジネスメディアでよく見かけるようになった「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」ですが、職場や働き方の文脈だけでなく、「教育」の分野でも目にするようになってきました。

現在、学習アプリやチャットボット、拡張現実(AR)、人工知能(AI)などの新しいテクノロジーは、仮想コラボレーションを可能にし、高品質で一人一人に合わせた学習を提供する教育テクノロジーとして人気が高まっています。

2021年は教育改革の年と言われています。今回は2021年の教育改革の具体的な内容の解説と、デジタル化された現在の教育における4つのトレンドについてご紹介します!

2021年の教育改革とは?

時間割や教科書の内容は「学習指導要領」をもとに決められています。その学習指導要領は10年に一度改訂され、2021年は新しい学習指導要領が適用される年度なのです。

今回導入される学習指導要領では、「生きる力」のその先の力を育成する「社会に開かれた教育過程」が重要視されます。

2021年度から新課程が実施される小学校では、具体的な変更内容として、「プログラミング教育の必修化」「英語の教科化」が挙げられます。

⭐ オンライン学習のおすすめアプリ:【2021年版】オンライン授業に便利なアプリ6選|最新ツールを紹介

このような変化の要因には、グローバル化や情報化の面で急速な社会の変化があり、それらに柔軟に対応する力を身につけることが必要と考えられているのです。

教育のデジタル化における注目のトップ4トレンド

ここでは、現在教育のデジタル化における注目のトップ4のトレンドについてご紹介します。

1.チャットボットでリアルタイムのやり取りを実現

教室での授業で最も簡単に取り入れることができるものの1つがチャットボットです。

チャットボットは、Facebook MessengerやWhatsAppなどのメッセージアプリや学校独自のアプリ、さらには学校のWebサイトに実装することができます。教師は、生徒専用のチャットボットを起動して、プレゼンテーションに関するフィードバックを提供したり、参考文献へのアクセスを提供したり、レッスン中に例題を共有したり、変更や更新についてクラスに通知したりできます。

チャットボットは以下の場合に、特に役立ちます。

  • コミュニケーションの強化と生徒と個別にやりとりが可能:教師と恥ずかしがり屋の生徒との間のやりとりを後押しします。
  • 素早くフィードバックが受け取れるリアルタイムのフィードバックメカニズムを構築し、生徒が即座に宿題やテストのフィードバックを受け取ることができます。
  • 正確な学習資料へ即時にアクセス:資料や記事、伝記に瞬時にアクセスし、学習をより生産的かつ実用的にします。
  • タイムリーで効果的なコミュニケーション:試験の前に学生に動機付けのメッセージや授業の変更連絡や、プロジェクト管理をサポートするアラートなどを送信する
  • 生徒の満足度の向上:積極的にツールを活用し、自ら答えを模索する力を育むことで、生徒の自主学習の意欲を掻き立てる。

virtual-learning

2.モバイルアプリで密を避けながらクラスでのやり取りが可能

特に新型コロナウイルスの影響が広がっているような時期には、適切な遠隔教育が実施可能な環境を用意することが大切です。Creativity 365 Suiteのようなモバイルアプリは、生徒同士がやり取りをするようなクラスの教材を作成するのに役立ちます。

⭐ Withコロナ時間に、おすすめリモートワークツールたは:【最新】afterコロナにも役立つ「リモートワーク」ツール5選

具体的なメリットは次のとおりです。

  • 教室の雰囲気を高める:モバイル学習アプリは、面白いデジタルプレゼンテーションを作成したり、創造的なアイディアをブレインストーミングしたりして楽しむことができます。
  • 生徒同士の交流:生徒はクラスで対話型のプレゼンテーションを行ったり、デジタルポートフォリオを紹介して自分の作品を共有したりできます。
  • 生徒をテクノロジーに精通させる:テクノロジーは急速に進化しているため、学生はテクノロジーに興味を持つことが必要不可欠です。テクノロジーについて学ぶことで自己学習スキルが身に付きます。これは、社会に出てから最も重要な能力の1つです。

3.AIとビッグデータで職員の作業負荷を軽減

AIとビッグデータは、教師と管理者が生徒の進捗状況をリアルタイムで追跡するのに役立ちます。大学や学校はシステムにAIを活用することができます。これにより、成績を決める際の偏りが排除されたり、さらに重要なこととして、データを使用して生徒の学習スタイルと教師の教育スタイルを一致させることができます。

教育におけるAIの他のアプリケーションは次のとおりです。

  • 入学手続きなどの管理タスクを簡素化します。
  • ビデオ会議やビデオ講義などの仮想コンテンツを含めることで、学習体験を情報豊富にするスマートコンテンツ」を作成します。

4.ツールを活用して、生徒一人一人に最適な学習内容を提供

現代のすべての教育機関は、学習者一人一人に最適な学習内容を提供するアダプティラーニングの達成を目指しています。生徒それぞれに合った形式の教育を提供することで、生徒は学習のペースを自分でコントロールすることができ、より効率的かつ効果的に学習に取り組むことができます。

  • さまざまな学習スタイル形式(フラッシュカード、ゲーミフィケーションアプリ、ビデオなど)にアクセスして、学習プロセスを楽しく、創造的かつ双方向にします。
  • 能力に応じて個別の目標を設定します。
  • パーソナライズされた学習を実現できる動的なツールにより、臨機応変に出題されるクイズや更新された授業計画にアクセスできます。

教育のデジタル化におすすめのツール3選

ここでは、教育のデジタル化におすすめのツールを3つご紹介します。

Animation Deskで幅広い学習体験を実現

animation desk

 

Animation Deskはモバイル端末で本格的なイラストやアニメーションを作成できるアプリです。作成した作品はクラウド上で管理・共有も可能で、美術やグラフィックデザインなどの授業のオンライン学習にも役立ちます。

オニオンスキンやレイヤー、写真や動画の追加など、充実した機能と豊富なブラシで初心者でも簡単にプロ並みのアニメーションを作ることができます。

アニメーションをストーリーボードに表示して、概要をすばやく確認したり、アイディアを書き留めて、それを見ながらアニメーションを作成したりすることが可能です。

⭐ 簡単のアニメ作成方法を解説!【アニメーションの作り方5つのステップ】おすすめ作成ソフトも紹介

PDF Readerで教材のデジタル化

 

PDF Readerのスキャン機能を利用すると、モバイル端末で簡単に教科書や配布プリント、ワークシートなどをスキャンしてPDFファイルに変換できます。教材をデジタル化することで、簡単に生徒に転送することが可能になります。

数式をテキストで入力するのは非常に手間のかかる作業です。数学の授業をオンラインで行う際には、手書きの問題シートをPDF Readerを使ってスキャンして生徒に送ります。生徒は解答を記入し、再度スキャンして教師に返信することで、簡単に採点もできます。

  • 無料ダウンロードはこちらから:PDF Reader

NoteLedgeでマルチメディアを活用した教材作成

NoteLedgeは自分で撮った写真や、ウェブ上で見つけた画像、音声ファイルや動画などをノートに直接組み込むことができ、オンライン授業を行う先生方にとって最適な万能ツールです。

画面上に手書きメモやイラストが描けるので、オンライン授業のホワイトボードとして利用することも可能です。

あらゆる形式のメディアに対応しているため、多方面から収集した情報を形式を気にせずにまとめることができ、生徒のノート整理や資料作りにも活躍します。

⭐ iPadでノート作成のおすすめアプリとは?:iPadノートアプリのおすすめは?目的別に最適アプリをご紹介

 

まとめ

いかがでしたか?教育プロセスのデジタル化は、インタラクティブホワイトボードや専用タブレット、または前面プロジェクターの使用だけの留まらなくなってきました。

教育におけるデジタル・トランスフォーメーションは 、生徒に前向きで生産的な変化をもたらし、教員の作業負荷の一部を削減し、直感的なテクノロジーのスマートな使用を通じて教育プロセスを強化する上で、はるかに大きな役割を果たしています。

教室での授業のデジタル化向けのツールをお探しの方はぜひ、Creativity 365 Suiteのサービスをチェックしてみてください!

作者: Kdan Mobile

創造性と生産性を高めるSaaS企業であるKdan Mobileの公式Twitterです。 製品:✍️電子署名サービス #DottedSign (ドットサイン )、📄萬能PDF編集ツール PDF Reader (PDFリーダー)、🎨手書きアニメ AnimationDesk (アニメーションデスク)、🗺絵描きノート NoteLedge (ノートレッジ)、 と 🎬動画制作/編集アプリWrite-on Video。

Leave Message