iPhoneだけでYouTuber | iPhone向け動画編集アプリ3選

動画編集 youtube

YouTubeで動画配信を始めてみたいけど、動画編集ソフトやカメラ、証明など色々と機材が必要となるし、初期費用がかさむな、などと思っておりませんか?

結論、iPhoneさえあれば、今日からどなたでも動画編集をしてYouTubeで動画配信することができるのです!
現在のiPhoneはカメラの性能が非常に進化しており、撮影した動画や写真を編集して動画配信をすることは簡単になりました。また、カメラの性能に加え動画配信に適した動画編集アプリもたくさん存在し機能も充実しておりますので、初心者でもまるでプロが作ったような動画を制作すことも可能です。

今回はiPhoneで撮影した動画を編集するのに適した動画編集アプリについて、その選び方や具体的な動画編集の流れ、おすすめ動画編集アプリを3つ紹介します。これから動画編集を始めてみたい人は、自分に合ったアプリを探す際に参考にしてみてくださいね。

⭐ おすすめ記事
無料で使える手描きアニメーションソフト|動画制作におすすめソフト:詳しくはこちらをご覧ください

そもそも動画編集アプリとは?

動画編集アプリとは、PCやスマートフォン、タブレットで動画を作成できるアプリです。字幕やテロップといった文字入れや音楽・BGMの挿入、モザイク加工などの機能を備えているアプリもあります。InstagramやTwitterといったSNSやYouTubeやTikTokといった動画配信サイトと連携をして投稿できるものもあります。

動画編集アプリ

動画編集アプリの選び方とは

iPhoneで使える動画編集アプリは種類が多すぎて「どのアプリをダウンロードすればいいの?」と悩んでいる方も多いと思います。ここでは、動画編集アプリの選び方について述べたいと思います。

・自分の目的に合った機能が備わっているか

自分の目的にあった機能が備わっていないと、どんなに評判が高い動画編集アプリでも意味がなくなってしまいます。InstagramやTwitterといったSNSに配信する用の数十秒程度の動画なのか、それとも数十分にわたる長編の動画なのか、自分の目的によって適している動画編集アプリは異なります。

自分の目的に応じて、動画編集初心者に適している無料の動画編集アプリであったり、難易度の高い編集を行いたい場合はプロが使うような高機能の有料アプリが必要な場合もあります。

自分の目的にあった動画編集アプリを選択することをおすすめします。

・対応している動画の再生時間

先ほど記載した内容と多少被ってしまいますが、動画編集アプリが対応している動画の再映時間も大切です。無料版と有料版があるアプリの場合、対応している動画の再生時間に制限があることがあります。SNSに配信する用の数十秒程度の動画であれば無料の動画編集アプリ、数十分にわたる長編の動画であれば、有料版、もしくは課金して制限を解除するなど、自分が動画制作したい時間に合わせた動画編集アプリを選ぶようにしましょう。

・広く認知されているか

「認知度が高いアプリほど良い動画編集アプリ」というわけではありませんが、これから動画編集を始めていく方には認知度が高い動画編集アプリをおすすめします。その理由として2つあります。
1つ目はトラブルシューティングや操作方法といったマニュアルについて。あまりにもマイナーな動画編集アプリになるとユーザーの口コミといった情報が少なく、いざという時の対応に困ることがあります。
2つ目はバージョンアップについて。使っているユーザーが少ない場合、動画編集アプリ制作会社が急にバージョンアップの停止やアプリ自体が終了してしまう可能性があります。
この2つの観点より、ある程度認知度の高い動画編集アプリを選ぶことをおすすめします。

動画編集の流れ

動画編集アプリの選び方をご説明しましたので、実際にどのようにして動画編集が行われているのか、その工程に沿ってご説明します。

・企画

まずはどのような動画を撮るのか決めないとこの先に進むことはできません。InstagramやTwitterといったSNSへの投稿用動画なのか、Youtubeへの投稿用の動画なのか、また登場人物や具体的な動画内容などこの段階で決める必要があります。ただし100%最初の企画とおりに進める必要はありません。撮影途中でもっとよいアイデアが浮かんでくることもありますので、まずはざっくりっとしたイメージを固めることが重要です。

・撮影

今のiPhoneの画質は下手なカメラよりも綺麗なので、撮影はiPhoneだけでも十分です。もちろんプロ並みのクオリティを求める場合、業務用のカメラや一眼レフカメラといったしっかりとした機能を備えているカメラ、三脚や照明といった機材を揃える必要がありますが、「手軽に始める」という意味では手持ちのiPhoneだけで十分です。

動画編集 撮影

・トリミング

トリミングと聞くと難しそうと感じてしまうかもしれませんが、シンプルに言うと動画の余白をカットし、切り出して編集することです。また撮影した動画の必要ない部分を切り取って、繋げることを意味します。「動画のこの部分いらないな」と感じた部分を動画編集アプリを用いてカットしていき、必要な部分と繋ぎ合わせていくことでテンポや見栄えの良い動画をつくることが可能となります。トリミング作業を行うには専用の動画編集ソフトやスキルが必要でしたが、技術の進歩によりiPhoneのアプリを使って動画編集を気軽に行うことが可能となりました。

・テロップ

テロップとは動画内に字幕を挿入することを意味します。字幕を挿入することにより、動画の出演者が発言した面白い言葉や行動に対するつっこみなどにテロップが使われており、テロップの有り・無しでは動画の雰囲気が大きく変わります。テロップが挿入されることにより視聴者の印象に残る動画が作成できます。

・音楽

音楽とはその言葉のとおりですが、効果音やBGMなど使われ方はさまざまです。BGMを聞いただけで、◯◯のチャンネルだ!とわかるくらい、BGMは視聴者に印象を与えるのに必須となってきてます。

・モザイク

モザイクとは、「ぼかし」を意味します。例えば、アップした動画に個人情報や著作権に触れるものが写っていた時にこのモザイク機能を使い画面に映らないようにすることができます。また逆に、モザイクを入れた箇所を目立たせる効果もあるので、さまざまなシーンで使われております。

iPhone向けおすすめ動画編集アプリ3選

ここまではiPhoneユーザーにむけて、動画編集アプリの選び方や具体的な動画編集の流れをお伝えしました。

最後に筆者がおすすめするiPhone向けおすすめ動画編集アプリを3つ紹介します。

Write-on Video

Write-on Videoは無料でありながら、簡単に本格的な動画編集を行うことが可能です。デバイスに依存しないので、モバイル端末・PCのどちらでも使うことができます。

編集している動画のタイムライン上にコメントのピン留めでき、共同制作の時にはアイデアを共有することができます。また、最近2つの新機能がリリースされました。
1つ目は、動画のテンプレート機能です。テンプレート機能を使うことでで動画を簡単に作成することができます。あらかじめ用意されたテンプレートだけでなく、カスタム機能で自分だけのテンプレートを作ることも可能です。

2つ目はポッド機能です。ポッドとは、動画のシーンを写真のように切り取り、そこに文字や素材をアップロードすることができる最小単位のことです。そのようなポッド機能を使用すると、簡単に絵や文字の追加や移動、コピーなどができるのでスムーズに動画編集を進めることができます。

Write-on Videoは初心者からプロの方まで幅広く使われている動画編集アプリなので、これから動画編集を始めてみようと考えている人におすすめの動画編集アプリです。

Write-on Videoダウンロード(無料):iOS ‧ MacAndroid

iMovie

iMovie

iMovieはAppleが提供している純正の動画編集アプリです。どのデバイスでも標準で搭載されているため、Apple製品を持っていれば誰でも無料で利用できます。トリミング、字幕・タイトル・BGMの挿入、YouTubeなどSNSへの共有などといった、動画編集に必要な機能はほぼ全て搭載されております。

説明を読まなくても感覚的に使え、アプリ内蔵の音楽は80種類あり、それに加えてiTunesの音楽も使用できます。どのデバイスでも使用可能なため、例えばiPhoneで撮影した動画をiPhoneアプリで軽く編集し、その後Macでがっつりとした編集を行うことができますのでiPhoneをお使いの方はこの動画編集アプリを試してみるのはいかがでしょうか。

Quik

Quik

QuikはあのGoProが提供している動画編集アプリで、数回タップするだけで質の高い動画を作ることができます。Quikの強みとしては、「〜3分程度の動画向けでSNSに共有しやすい」「動画や写真を選択後、数回タップするだけで動画が編集される」「26種類ものテンプレート機能がある」といった点です。ただし、BGMに関してはアプリ内に入っている既存のものしか使えないというのが唯一の注意点です。

 

⭐ 合わせて読みたい
 動画マーケティングとは?YouTubeタイムスタンプの活用法も紹介:詳しくはこちらをご覧ください

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は動画編集アプリの選び方、具体的な編集の流れ、そしておすすめ動画編集アプリを紹介しました。初心者の方でも簡単に動画を編集してSNSやYouTubeにアップすることができますので、気軽に始めてみてくださいね。

作者: Takahiro Tsunematsu

日本市場のビジネス戦略やマーケティング部門担当 日本の大手企業から海外企業のコンサルを行っています! 好きなKdanのツールは「NoteLedge」

Leave Message