動画編集を始めるのにおすすめのアプリと動画編集方法をご紹介

youtube動画編集

 

近年、Youtuberの人気が高まるにつれ、動画が昔よりも身近なものになり、動画編集にチャレンジしたいと思う人が増えてきました。また、気になるけれど、動画編集って聞くと「なんか難しいんじゃないの?」「今から始めるにしてもたくさん勉強しなきゃいけないんじゃないの?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

また、そんな方は以下のようなことが気になっているのではないでしょうか?

・カメラ等の機材、機器に関して専用の物を買わなければいけない
・動画編集では高度なスキルが求められる
・YouTubeに動画を載せる方法が分からない 

実は、YouTubeに載せる為の動画編集は誰でも簡単にできます

今回は、基本的な簡単動画編集方法とおすすめのアプリをご紹介します!
これをきっかけに動画編集を始めてみるのもいいのではないでしょうか?

⭐ おすすめ記事 
アニメーションの作り方とは?5ステップで解説!:こちらへご覧ください

初めてでもできる!動画編集方法とは?

動画編集ソフト

まずは動画編集方法を簡単にご紹介します!

①企画

ここが一番重要です。
自分自身が視聴者に向けて届ける動画の企画を練ります。どのような内容を視聴者に届けるかなど、明確にしましょう。

②撮影

ご自身で持ちのカメラを使い手軽に撮影できます。お手持ちのカメラがない場合はスマホのカメラ機能を使い撮影するのでも大丈夫です。

③カット

撮影で出てしまった無駄な部分を、編集でカットする作業の事です。
撮影の際、無駄や省きたい箇所が出てきてしまうのは仕方ありません。

カット作業を駆使し、無駄や省きたい部分を編集し、より見やすい動画に仕上げることが出来ます。

④テロップ

テロップ挿入とは、簡単に言えば映画での字幕にあたります。
メリットは3つあります。

・自分なりの動画に仕上げられる
→他の動画投稿者との差別化・独自の動画に仕上げられる。

・ミュートでも楽しむ事が出来る
→ミュートで楽しめるという点で、イヤフォンなどを使用せずに動画を楽しむ方にも対応できる。

・外国からのアクセスにも対応が可能
→海外からの視聴者を獲得でき、自分の動画を海外でも見てもらえる事が出来ます。

上記3つは動画を作るにあたり、非常に大切な作業です。
たくさんのメリットがあるので、テロップ挿入を活用しない手はありません。

⑤BGMや効果音

2つ目の重要ポイントでもあるBGM・効果音の挿入は、先ほどのテロップ同様に動画のイメージ作りでもあり、動画を最大限盛り上げる効果もあります。
BGMや効果音で得られるメリットは3つあります。


・リアル感を演出できる
・ストーリーに厚みができる
・トランジションとして使うことができる

以上の3つが大きなメリットです。

動画の一番盛り上がる部分に効果音をプラスしたり、効果音によっては1人での撮影でも盛り上げることが出来ます。

動画編集スキルを学ぶ方法とは?

ここからは動画編集のスキルアップに関して、少し掘り下げていきたいと思います。

ここまでは基本的な自分で出来る動画編集方法をご紹介してきましたが、中には独学だけではなく、「一度きちんとしたプロに教わりたい」「効率のいい動画編集方法を学びたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方におすすめの方法をご紹介していきます。

セミナーや講座を受講する

=近年では、スマホ講座のようにYouTubeを始める人向けの講座・セミナー等も開催されております。
時期や場所、どのようなことが学べるのかはその講座のHPに書かれていると思いますので、色々調べてみるのも1つの手段だと言えます。

 

YouTubeに投稿されている動画を見て学習する

YouTubeにはさまざまな動画が投稿されております。その中には「学習」に特化した内容の動画ももちろん存在します。「学習」というと受験勉強や資格取得の為の勉強を思い浮かべがちですが、動画編集を学ぶ為に動画ももちろん存在します。

先に動画編集を学べれた人の動画を観て学ぶのも1つの手段だと言えます。

編集した動画をYouTubeにアップする方法とは?

YouTube 動画制作

では次に、作成した動画はどうやってアップするの?と思っている方がたくさんいる

と思います。
動画掲載先にはInstagramやTik TokのようなSNS、YouTubeのような動画媒体に掲載できます。

今回は動画媒体であるYouTubeに投稿する方法を簡単に説明させていただきます。

1、YouTubeのHPより、アカウントを作成する
2、YouTube上でチャンネルを作成する
3、YouTubeのトップ画面右上より「アップロード」をクリックしドラッグ&ドロップする
4、基本情報などの確認をし、「公開」をクリックすると動画投稿完了です

動画編集ソフトの選び方

動画編集を始めるにあたって、もう1つ気になるのが「どの動画編集ソフトを使えばいいのか?」「初心者におすすめのアプリは?」といったことではないでしょうか?

自分に合ったソフトを見つける事は、制作時間の短縮や思い通りの動画制作に繋がります。ここでは自分に合った動画編集ソフトを見つけるための3つの項目についてご説明します。

機能

使用用途によって求められる機能性が違います。
SNS用の簡単な動画(30秒程度)であれば高いクオリティは必要ないでしょう。

ですが、仕事で使うような長時間の動画にはそれなりに高いクオリティが求められるのではないでしょうか?そのため機能面を重視した動画編集ソフトをおすすめします。

価格

有料と無料のものがあります。
SNS用などの簡単な動画では無料のソフトをおすすめします。

理由としては、無料のソフトでもとてもいい機能があるアプリがたくさんあるからです。

まずは無料で動画編集を行い、機能面のグレードアップ等を望むのであれば、そこから有料のものにシフトチェンジするのが最適かもしれません。

デバイスに対応しているか

デバイスによって使えるソフトは異なります。
スマホやパソコンではそれぞれ編集ソフトの種類等が違います。

自分に合った方を選ぶのがいいでしょう。

おすすめアプリの紹介

ここまでは動画編集方法やそれに関連する事を説明してきましたが、ここからは実際に筆者がおすすめする簡単で使い勝手がよいアプリを2つご紹介します。

Write-on Video

Write-on Video

こちらの動画編集ソフトはモバイル、パソコンのどちらでも編集可能であり、初心者〜上級者まで動画編集ツールとしての幅がとても広いアプリです。。

世界中の企業のプロモーション活動の動画編集や、YouTuberの動画編集アプリとしても人気のソフトの1つです

また操作も複雑ではなく直感的に出来る機能が多数あるので、初心者でも簡単に取り組むことができ、楽しい編集作業になること間違いなしです。

最新の編集ツールを利用すれば、初心者でも簡単にプロ並みの本格的な動画を作り上げることも可能です。

無料で使ってみる:iOS .Mac

Inshot

パワフルで写真加工、動画作成&動画編集の人気無料アプリです。
細かいカット、トリミング編集ができる、BGM音楽、テキストテロップ、トランジションなどの基本的な機能を兼ね備えたiPhone/Android対応の動画編集アプリです。

特にInstagram等のSNSへの投稿に最適なアプリです。
基本的な性能で、スマホに最適化された見やすい画面です。

また「Write-on Video」と同じく、直感的な作業がベースとなっているので、簡単な操作性が魅力的なアプリです。
ワンクリックでSNSなどにシェアでき、Tik Tokなどの人気SNSにBGM付きの動画や写真を投稿できます。

Write-on VideoとInshotの比較

対応デバイス 編集機能 使いやすさ 動画の長さ 使う人のレベル
「Write-on Video」
「Inshot」


どちらもおすすめのアプリであることは間違いないのですが、今回筆者が特におすすめするアプリは「Write-on Video」です。その理由は新たに追加された機能により、使いやすさが今までと比較
して格段に良くなりました。その追加された2つの機能をご紹介します。

テンプレート機能

今回新たに動画のテンプレートが追加されました。これによりたくさんのテンプレートが使えることはもちろんのこと、カスタム機能により自分専用のテンプレートが作成可能です。

ポッド機能

ポッドとは、動画のシーンを写真のように切り取り、そこに文字や素材をアップロードすることができる最小単位のことです。簡単に文字や絵の追加や移動・コピーができ、動画をコマ送りで確認することが出来るので動画編集をより円滑に行うことが可能です。

⭐ 合わせて読みたい 
動画編集で副業で稼ぐ方法とは?動画編集ソフトの使い方と活用法:こちらへご覧ください

まとめ

いかがでしたか?
動画編集は基本的に誰でも簡単、気軽に始めることが出来ます。

この記事を読み、おすすめアプリをインストールし、動画編集挑戦へのきっかけにしていただけると嬉しいです。今回おすすめさせて頂いた「Write-on Video」は初心者〜プロまで愛用できるという幅の広さで選びましたので、動画編集、投稿を重ねるにつれて、自分のスタイルが分かってくると思います。

その都度自分にあった動画編集方法、アプリを探してより良い動画作成を目指していただければと思います。

作者: Takahiro Tsunematsu

日本市場のビジネス戦略やマーケティング部門担当 日本の大手企業から海外企業のコンサルを行っています! 好きなKdanのツールは「NoteLedge」

Leave Message