【TikToker必見】TikTokの動画編集におすすめの無料アプリを紹介

TikTok 動画編集

 

「TikTok用の動画を編集したいけど、どうしたらいいか分からない・・」「動画編集アプリはたくさんあってどうやって選んだらいいか分からない・・」「おすすめの動画編集アプリが知りたい」と感じている方は多いのではないでしょうか?

今回はTikTok向けの動画の特徴や、TikTok用の動画編集アプリの選び方をご紹介します。無料で使えるおすすめの動画編集アプリも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

TikTokとは?

TikTok 動画

TikTok(ティックトック)は中国のメディア企業「Bytedance」が運営するショートムービーシェアアプリで、15~60秒のショートムービーを投稿・閲覧できるSNSプラットフォームです。BGM付きの短い動画をTikTokアプリ1つで撮影・編集・アップロードが可能で、10代〜20代の若者を中心にブームを巻き起こしました。企業の広告媒体としても注目を集めています。

⭐ 合わせて読みたい 
PDF編集フリーソフトのおすすめはこれ!手書き入力も可能:詳しくはこちらをご確認ください!

TikTokで使われている動画の特徴とは?

TikTokの動画は15~60秒のショートムービーを特徴としており、ゆっくり時間を取って見るコンテンツというよりも、隙間時間やちょっとした暇つぶし感覚で楽しめるのが特徴です。YouTubeと違って、短時間で多くの情報を得られるのも魅力でしょう。

加工技術もターゲットである若者のニーズが大きく反映されており、動画映えするように人物を「盛る」機能としてエフェクトやフィルターが豊富に揃っているため、若い世代がパッと目を引く動画が人気を集めています。

また、TikTokは音楽聴き放題サービスの「AWA」との業務提供により、流行りのBGMが使用でき、テンポの良いキャッチーなBGMや効果音付きの動画、流行りのダンス動画などが多いのも特徴です。

動画編集アプリの選び方

TikTokの動画編集機能だけでも十分にクオリティの高い動画を簡単に作成できますが、以下のようなニーズがある方は、動画編集に特化したアプリを使って編集するのがいいでしょう。

・オリジナリティ溢れる動画で自分にしかない個性を出したい

・視聴者に印象づけるインパクトのある動画を作りたい

・よりクリエイティブな凝った動画を作成したい

ここでは、自分に合った動画編集アプリを選ぶための4つのポイントをご紹介します。

動画編集アプリの機能

搭載されている機能はアプリによって様々です。作りたい動画の構成が決まったら、どんな機能を使って編集するか考えましょう。アプリを選ぶ際、そのアプリに自分の使いたい機能が搭載されているか確認したから使い始めましょう。

また、どんなエフェクトが使えるのか確認しておくことも重要です。

エフェクトには、モザイクやぼかし、トランジション、BGMなど色々なものがあります。エフェクトを使って動画を加工することで動画がより魅力的になります。

BGMについては、アプリ内のみの音楽を使用できるものと、スマホ内の音楽を取り込めるものの2つのタイプがあります。BGMにこだわりたい方はスマホ内の音楽を取り込めるタイプ。そこまで強いこだわりがない方はアプリ内の音楽だけでも十分でしょう。

動画編集アプリのデバイス

利用できるデバイスについてもあらかじめ確認しておきましょうiPhoneなどのスマートフォンやiPadなどのタブレット端末は撮影した動画をすぐにアプリに取り込むことができたり、外出先でもサッと動画を編集してそのままTikTokにアップするなどといった使い方ができて便利ですが、画面が小さいため、凝った編集をする時には微調整が難しいこともあります。

MacやWindowsなどのパソコンにも対応したアプリを選ぶと、細かい設定はパソコンで行って、動作確認はスマホで確認するなどというように目的に合わせて使い分けることができて便利です。

SNSに連携できるアプリであれば、編集した動画をそのままTikTokやInstagramなどにアップができて便利です。SNSと連携できるアプリを利用すると、その都度スマートフォンに動画をダウンロードする手間が省けます。スマホの容量を逼迫させることもないため、頻繁に動画をアップしたい方には特におすすめです。

動画編集アプリ

動画編集アプリの価格

アプリによって価格もさまざまです。無料版と有料版も存在しますが、最近は無料のアプリでも有料版に負けないくらい使い勝手のいいアプリもたくさんあります。操作性やデザインもアプリによって異なるため、色々ダウンロードして触ってみるのもいいでしょう。

一部の機能が有料というアプリもあります。自分が使いたい機能を事前に明確にし、その機能が無料で使えるのか、有料機能なのかしっかりと確認しましょう。有料版は、無料体験できる場合が多いので、それらを活用して使ってみることをおすすめします。

凝ったインパクトのある動画を制作したい方や、動画編集を仕事にしたいと思っている方は有料版のプロ向けのツールを揃えてもいいでしょう。初心者の方には使いこなすのが改変かもしれませんが、それらのプロ向けの本格的な動画編集ツールを使って編集すると映画のようなクオリティの高い動画を作成することができます。

ウォーターマークの有無

中には無料版だとウォーターマーク(アプリのロゴ)が入ってしまうものもあります。せっかく時間をかけて編集した動画にアプリのロゴが入っていたら気になりますよね。設定を変えたり、課金することで、無くすことができます。ウォーターマークも事前に確認しておくことをおすすめします。

無料で使えるおすすめ動画編集アプリ3選

ここでは、無料で使えるおすすめの動画編集アプリを3つご紹介します。是非参考にしてみてください。

Write-on Video

KdanのWrite-on Videoは直感的に操作できるインタフェースで初心者から上級者まで簡単に動画編集できるアプリです。無料で使えるアプリとは思えないほど機能が充実しており、企業のプロモーション映像の制作にも利用されています。

テンプレートが豊富で、初めて動画編集をする方でも簡単に本格的な動画編集が可能です。多彩なエフェクトや音声録画機能など、便利な機能も多く搭載されているため、凝った動画を作り込みたい方にもおすすめです。

全デバイスに対応しているため、iPhoneやiPad、Androidなどのスマートフォンやモバイル端末で撮影した動画をそのまま編集したり、MacやWindowsなどのパソコンで細かい編集作業を行うことも可能です。

■Write-on Video
https://www.kdanmobile.com/ja/writeon-video

LightMV

LightMVには、プロのデザイナーによって設計されたテンプレートが用意されており、広告用やプラベート用など、さまざまな目的に合わせて簡単にオシャレな動画に仕上げることができます。TikTok用のポップでクリエイティブなテンプレートもあり、他のTikTokで作成した動画と差別化を図りながら、個性的な動画を簡単に作成することができます。

テンプレートを活用することで、アスペクト比の設定やエフェクトの選択なども省くことができ、撮影した動画やアイディアをスピーディーにかたちにすることができます。

テンプレートには、真四角や横長のタイプなどもあるので、InstagramやYouTube向けの動画もLightMV一つで簡単に作成が可能です。

■LightMV
https://lightmv.com/jp/

VivaVideo

VivaVideoは動画のカットやトリミング、BGMの追加などの基本的な編集機能はもちろん、自動編集機能も搭載されたアプリです。写真や動画などの素材を準備し、テーマを決めると自動で編集をしてくれて、初心者でも簡単に目を引く動画を作ることができます。

また、無料で使えるフィルターやエフェクト、テキストフォント、トランジションなどが豊富で、無料版だけでも十分幅広く編集が可能です。

動画編集が初めてという方にとって「トリミング」や「トランジション」などは馴染みのない機能だと思いますが、VivaVideoは直感的な操作が可能で、初心者でも分かりやすいステップになっています。これから本格的に動画編集を学びたいという方にもおすすめのアプリです。

■VivaVideo
App Store   Google play

Write-on Videoの機能紹介

ここでは、先ほどご紹介したKdanのWrite-on Videoについてもう少し詳しくご説明します。

Write-on Video

動画編集を本格的にやりたい人にも最適

シンプルな設計で、動画編集は初心者という方も簡単に操作方法を覚えることができます。動画の音声を書き起こして字幕を追加する機能や、トランジション、フィルターなども機能も搭載されており、これから動画編集を本格的にやっていきたい方にもおすすめです。多くの動画編集のプロから支持されているAdobePremiere ProやFinal Cut ProXなどのソフトに挑戦する前に使い込んでみるのもいいでしょう。

細かい調整に最適なポッド機能

ポッド機能は、動画を数秒単位で写真のように切り取ることができます。そのため、数秒単位でテキストや写真などを設定することが可能です。また、コマごとに動画を確認することができるため、細部まで凝ったクリエイティブな動画を作成することができます。

ストーリーボードで自分のアイディアを効率的にかたちに

ストーリーボードを活用することで、制作途中の自分の考えやアイディアを整理しながら作業することができます。タイムライン上にコメントをピン留めしたりできるので、細かい設定や入れたい情報などを書き留めて置くことができます。自分一人で制作する時はもちろん、他の人と共同で制作する際には情報を共有しながら進めることができるので、作業の生産性を高めることができます。

⭐ おすすめ記事
 【全デバイス対応】手書きでPDFに書き込み|おすすめアプリの紹介:詳しくはこちらをご覧ください

まとめ

いかがでしたか?TikTok用の動画を作成するならが見ていて楽しめるもの、自分が好きだと思える作品であることが大切です。今回ご紹介したおすすめの動画編集アプリは無料で使えるので、ぜひ使い比べて自分に合ったアプリを見つけてみてください。

Leave Message