【おすすめ手書きノートアプリ!】全デバイス対応のノートアプリを紹介

手書きノートアプリ

手書きノートアプリの選び方で困ってはいませんか?最近ではさまざまな種類の手書きノートアプ リがあって「どう選べばいいの?」「無料版と有料版のどちらがいいの?」「いろんな手書きノートアプリがあるけど何が違うの?」と悩んでいる方も多いと思います。

今回は手書きノートアプリを選ぶ際のポイントや、対応デバイス、おすすめノートアプリの機能や特徴をご紹介します。後半でタッチペンについても紹介していますので、合わせてぜひ参考にしてみてください。

⭐ おすすめ記事 
教育DXを加速させる4つのトレンド徹底解説:こちらへご覧ください

ノートアプリの手書き機能とは?

ノートアプリの手書き機能とは、紙のノート代わりに画面に指やタッチペンなどを使って文字や図を書くことができる機能です。自然な書き心地で、ペンの種類も鉛筆からマーカーまでさまざまです。タイピングで文字を打ち込むよりも、実際に書き込むほうが好きな人にはピッタリです。

また、計算式や図など、打ち込んだりするよりも手書きのほうが簡単に書けるものも、ノートアプリの手書き機能を使うことで紙に書くのと同じような感覚で残すことができます。

全デバイス対応しているノートアプリのメリットとは?

全デバイス対応

手書きノートアプリを利用するメリットの一つは、スマホでメモした内容をパソコンやタブレットなどの別のデバイスでも確認・編集できる点です。手書きノートアプリの中には、iPhoneやiPadにしか対応していないものや、Androidにしか対応していないものもあります。また、データをクラウドで同期して他のデバイスでも共有できるものと、アプリをダウンロードしたデバイスでのみ利用できるものがあります。

自分がノートアプリを使用したいと思っているデバイスに対応しているアプリを選ぶことはもちろんですが、外出先やテレワーク、オンライン授業などで利用する機会の多い方は、自分が使用している他のデバイスにも対応しているもノートアプリを選ぶとさらに便利です。

最適な手書きノートアプリを選ぶための3つのポイント

たくさんの種類の手書きノートアプリがあって選ぶのが大変という方も多いと思います。ここでは、手書きノートアプリを選ぶ際に気をつけるべき3つのポイントをご紹介します。

・ポイント1:ノートアプリの機能が自分の使用目的と合っているか

ノートアプリは「何をしたいか」で選ぶことが重要です。あなたが手書きノートアプリで実現したいことによって必要な機能は違ってきます。ノートアプリによっては、メモだけでなく、画像や動画なども組み合わせて作成できるものもあります。つまり、用途によって最適なノートアプリが自ずと決まってくるのです。

色々な形式の素材を一つにまとめてノートを作成したい、とにかくスラスラと手書きしたい、プライベートにもビジネスにも活用したい、書き心地を重視したいなど使う人によって、目的は変わってきます。まずは無料体験版のノートアプリを活用し、実際にいくつか使って試してみるといいでしょう。

・ポイント2:ノートアプリがクラウドへ同期可能か

iCloudやDropboxなどのオンラインストレージと連携できるノートアプリであれば、デバイス内部のストレージを気にすることなく利用できます。iPhoneをお持ちの方はiCloudをお使いになっていることでしょう。ノートアプリをクラウド上で管理することで、iPhoneやMacなど、別のデバイスでもノートアプリを閲覧することができます。iPadなどのモバイル端末で作成したノートを電車での移動中にiPhoneなどのスマホで見返したり、モバイル端末を持っていない時でも見ることができます。

また、複数のオンラインストレージを利用中の方は仕事用とプライベート用のノートに分類して管理することができて便利です。

・ポイント3:ノートアプリが直感的に操作できるか

仕事やプライベートでメモを残したい時はどんな時ですか?多くの場合、とっさに「忘れないように書き残しておきたい」というような時ではないでしょうか。そのため、極力直感的に操作ができ、シンプルな作りのものの方が素早くメモに残すことができます。ノートアプリの起動のスピードやタッチペンを走らせてから文字に反映されるまでのタイムラグもストレスを感じること無くサクサク書けるものを選ぶようにしましょう。

意外と見落としがちなのが、消しゴム機能の配置場所です。メニューバーに常時表示されているものや長押しして表示されるものまで様々ですが、常時表示されていて、間違えた時にサッと消せるもののほうが便利です。

全デバイス対応のおすすめ手書きノートアプリを紹介

ここからはおすすめの手書きノートアプリをご紹介します。それぞれの特徴を知ってぜひ自分にぴったりなノートアプリを探してみてください。

・自動保存機能で保存のし忘れを防止することができるノートアプリ「OneNote

OneNote

・Microsoftアカウントがあれば無料で利用できる。

・Windowsだけでなく、MacやiOS、Androidなどの端末にも対応している。

・自動保存機能が搭載されていて、保存のし忘れを防止できる。

OneNoteはMicrosoft社が開発・販売している手書きノートアプリです。さまざまなデバイスに対応していて、社内やコミュニティメンバー、関係者にOneNote利用ユーザーがいる場合、ノートブックを共有することで効率よく作業を行うことができます。また、スケジュールの共有やタスク・プロジェクトの管理も可能です。リモートワークをする際の共有ツールとして使用すると、チームでの生産性を向上させることができるでノートアプリです。

 

・世界中で2億人以上のユーザーに愛されているノートアプリ「Evernote

Evernote

・無料版は2つの端末までデータの同期が可能。(有料版は無制限)

・テキストや画像、音声、スキャン、PDF、文書をノートに追加できる。

・検索語句のオートコンプリートで必要な情報を素早く検索できる。

Evernoteは世界中で2億人以上のユーザーに愛されている無料のノートアプリです。紙のノートではできないデータの検索やタスクの管理も可能です。Googleドライブに直接アクセスも可能で、保存してあるコンテンツを閲覧したり、Googleドライブで保存・変更するとそのままEvernoteにも反映されます。
ベーシックプランは無料ですが、使える容量や同期できる端末数が異なってきます。「メモをとる」という目的であれば、無料で使えるベーシックプランでも十分ですが、画像や動画をたくさん保存する方にとっては、少々物足りないかもしれません。

・さまざまなオンラインストレージと連携可能なノートアプリ「NoteLedge

NoteLedge

・【基本機能】手書き・写真・動画・録音に対応している。

・全デバイスに対応し、各種オンラインストレージと連携も可能。

・シンプルなUIで初心者にもおすすめ

NoteLedgeは手書きメモだけでなく、写真や動画の撮影、録音にも対応しています。アプリで撮影・録音し、ノートに追加することができます。さまざまな形式のメディアに対応しているため、Webサイトから収集した画像や動画などを簡単にノートに追加・加工することも可能です。フォルダ内の画像を管理したり、タップ操作だけで画像のソースを表示することもできます。

現在、連携できるオンラインストレージは次の通りです。

・iCloud

・Dropbox

・OneDrive

・GoogleDrive

これらの人気のオンラインストレージと簡単に連携でき、iPad内部のストレージを圧迫させることなく利用できます。

NoteLedgeはiOSやMac、Android、Windowsといった全デバイスに対応しているため、作成したノートは外出先や自宅からでも簡単にチームや他の人に共有ができます。多様なデバイスを横断し、在宅ワークやオンライン授業の時でもノートを編集することが可能です。
また、
手書き機能のペンは、なんと12種類もあります。万年筆・筆・ペン2種類・鉛筆・虹色ペン・マーカーなど非常に種類が豊富です。カラースケールツールで好みの色を選択することができますし、カラーパレット機能が4つもありますので、さっと使いたい色を選ぶことも可能なノートアプリです。

NoteLedge無料で試してみる:iOS版Windows版Android版

タッチペンでさらにメモが取りやすい

指を使って手書きアプリに書き込んでいる方もいると思いますが、指で書き込むとスピード感を損なったり、細かい文字が書きにくかったりします。手書きメモをより快適に使用するためには、タッチペンを使うのもおすすめです。タッチペンを利用することで、紙にペンで書き込むのとより似た感覚で書くことができます。また、絵を描く時もタッチペンで細部まで表現することが可能です。

⭐ 合わせて読みたい
おすすめなメモ帳アプリはどれだ?:詳しくはこちらへご覧ください。

ノートアプリ:まとめ

いかがでしたか?どれも個性豊かな手書きノートアプリで選び切れないという方もいるかもしれません。一つだけに絞って使うのではなく、メインはNoteLedgeを使用し、テキスト文書を作成する時はOneNoteなどというように状況に合わせて使い分けるのもおすすめです。また、無料体験版を活用して実際に使い心地を試してから決めるのもよいでしょう。ぜひあなたに最適な手書きノートアプリを見つけてみてください。

Leave Message