【Windows 10対応】おすすめPDF Readerの4つの特徴|クラウド連携・編集

windows PDFリーダー

ビジネスの場だけでなく教育の場でも多く使われるPDFの編集や閲覧に欠かせないPDF Readerですが、今回はWindows 10にも対応する最新のおすすめPDF Readerをご紹介します! 

【windows対応】PDFの閲覧と編集以外にも使える!PDF Reader

Kdan Mobileの公式PDF ReaderはWindows Inkにも対応しています。さらに、KdanのDocument 365のアプリケーションとも連携しているので、電子サインやスキャン(OCR)機能などにも対応し、1TBのクラウドストレージも使用できます。

もちろん、キーワード検索、テキストハイライト機能などの基本機能を使えることもできる上にWindowsやAndroid、iOSなど様々なデバイスで作業を効率かつ最適にしてくれます。

Windows 10対応 !おすすめPDF Reader4つの特徴

 では、今回はPDF ReaderのWindows版の4つの特筆すべき特徴をご紹介します。

1. Windows Inkの機能に対応

PDF Readerは、Windows Ink Collectionや、タッチ操作やデジタルペンを使って利用すると便利なWindows Ink ワークスペースに対応しています。

Windows Ink ワークスペースにはデジタルルーラー機能があり、PDFファイルの文章にきれいに下線を引いたり、直線を引いたりすることができます。数回タップするだけでペンの色を変更でき、資料を見やすくさせることが可能です。

紙の上に描くのと同じように、フリーハンドで描いたり、注釈を付けたりできます。

2. 全てのWindowsデバイスに対応

今年初め、WindowsはWindows 10のWindowsベースの全デバイスで実行可能なユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)を導入しました。これは、あらゆるWindowsデバイス(電話、タブレット、デスクトップ)からすべてのアプリを使用できる統合チャネルです。 UWPで実行される最新のPDF Readerでは、優れた可動性と使いやすさが実現し、常時接続を維持できます。

3. ファイルをクラウドで管理し、全デバイスで同期・共有

Kdan Cloudと連携することで、Windows以外のあらゆるデバイスともファイルを自由に同期・共有することが出来ます。クラウドにファイルを格納できることになったことで、リモートでのファイルの共有が一段とやりやすくなりビジネスの効率性を高めました。

4. Document 365に登録すると更に便利

document 365Document 365は、全てのデバイス(Windows 10、Mac、iOS、Android)に対応したPDFリーダー、オンラインPDFファイル変換、ファックスサービスなど高度な機能を提供するサービスです。Document 365に登録すると、Document 365に加え、1TBのKdanクラウドストレージも利用することができます。

まとめ

仕事で使用することが多いwindowsパソコンですが、リモート化で自由自在にPDFを編集し、仕事を効率化させてください!

作者: Kdan Mobile

創造性と生産性を高めるSaaS企業であるKdan Mobileの公式Twitterです。 製品:✍️電子署名サービス #DottedSign (ドットサイン )、📄萬能PDF編集ツール PDF Reader (PDFリーダー)、🎨手書きアニメ AnimationDesk (アニメーションデスク)、🗺絵描きノート NoteLedge (ノートレッジ)、 と 🎬動画制作/編集アプリWrite-on Video。

Leave Message