【2020年版】PDF閲覧と編集アプリの選び方とは?おすすめアプリも紹介!

機密性の高いPDFファイルは読み取り専用のファイルとして使用されます。現在、仕事現場で作成したPDFを修正する場面がますます多くなりましたが、PDF文書をうまく編集することが出来ない場面などありませんか?

PDFを閲覧/編集できるアプリには、Adobe Acrobatのような知名度の高いPDF編集ソフトもありますが、PDF編集ソフトもあるのです。NitroやFoxit Software、Kdan MobileのようなPDFファイル閲覧/編集/共有できるアプリなどがあります。

今回は、2020年最新版の最適なPDFリーダーを選ぶポイントとKdanのPDFリーダーの魅力についてご紹介します。

2020年最新版の最適なPDFリーダーを選ぶポイントとKdanのPDFリーダーの魅力についてご紹介します。

PDF編集アプリに不可欠な3つの機能とは?

企業がPDFリーダーを選ぶ際になくてはならない機能は以下の3つです。

  • PDFを閲覧・編集
  • 編集可能なPDFファイルの作成
  • 他のファイル形式で作成した資料をPDFに変換

これらの機能は、近年のほとんどのPDFリーダーに搭載されています。では、数あるPDFリーダーのアプリの中から選ぶ上で重要となるポイントは何でしょうか?

 

最適なPDFリーダーを選ぶための2つのポイント

企業がPDFリーダーを選ぶ上で最も注視すべきポイントは価格面とセキュリティ面です。

PDFリーダーの価格相場は?

企業や個人がPDFリーダーを使用する際には、一般的に月額15ドル程(約1,600円)かかるイメージがありました。しかし、KdanのPDFリーダーは無料から利用することができる上に、1TBの大量ストレージが含まれるプランでも月額4.50ドル(約500円)で利用できます。

なぜセキュリティ性が求められるのか?

個人情報の流出は毎年のようにメディアを騒がせています。一見セキュリティが堅固そうな大手企業や公的機関も例外ではありません。企業は社内または社外で共有されている資料が誤って外部に流失されることのないように安全に管理する必要があります。

KdanのPDFリーダーは高いセキュリティ性を備えつつ、他社と比べて圧倒の低価格で利用が可能です。(下表参照)

KdanのPDFリーダーは高いセキュリティ性を備えつつ、他社と比べて圧倒的低価格で利用が可能です。

他の無料PDFソフトウェアの詳細

 

KDANのPDFリーダーの魅力とは?

2009年にKdanが設立されて以来、かつてない使い勝手の良さを実現すべく、当社の主力アプリであるPDF Readerを提供してきました。

KdanのPDFリーダーはダウンロードが無料で、編集可能なファイルを作成でき、PDF形式はもちろん、その他のファイル形式でも保存が可能です。また、PDFファイルの閲覧や注釈付け、電子署名や透かしを付けることもできます。

さらにAndroidやiOS、Windowsなど全てのOSに対応しており、スマートフォンでの機能性の高さと処理速度の速さは他のPDFリーダーとは一線を画しています。

価格の観点から見ると、KdanのPDFリーダーは1つのアカウントでPCやタブレット、モバイル端末等で利用ができるため、ユーザーは同じドキュメントにアクセルする際に複数のサブスクリプションを購入せずに済みます。

security

近年、働き方が大きく変わり、これまで以上に社員は社外で作業する時間が多くなりました。社内システムの利用がオフィスに固定された環境では、外出先からいちいち戻らなくていけない作業が多く、業務を非効率にしてしまいます。KdanのPDFリーダーはデバイスやOSを意識することなく、外出先からすぐに必要な情報を共有できます。また、権限を持ったユーザーの作業の可動性を重視した設計により、重要なドキュメントへのアクセス、コメントの追加、資料に署名、ファイルの転送などが可能です。

さらに、1TBの大容量(Googleドライブのストレージの約67倍)かつ、セキュリティ性に優れたKdan Cloudでファイルをクラウド上でも管理できます。ぜひ無料ダウンロードして、その使い心地をお試しください

About the author

Kdan Mobile

View all posts

Leave Message