iPhoneでPDF化!簡単PDFを作成・編集する方法とおすすめアプリを紹介

PDF 作成

PDFは広く一般的に使用されている電子ファイルですが、「iPhoneで作成したメモをPDFファイルにしたい・・」「iPhoneで撮影した画像をPDF化したい・・」「iPhoneで検索したWebサイトをPDFで保存できないの?」などと感じている方も多いのではないでしょうか?

今回はiPhoneで簡単にPDFファイルを作成する方法をご紹介します。また、PDFを作成するだけでなく、iPhoneでPDFファイルをそのまま編集できるおすすめのPDF編集アプリも紹介します。ぜひあなたに最適なPDF編集アプリを見つけてみてください。

⭐ おすすめ記事
PDFの編集にお困りの方必見!PDFの編集におすすめなアプリとは?:こちらへご覧ください

iPhoneでPDFが作成できるの?

PDF

リモートワークや外出先で作業する機会が増えている現在、パソコンだけでなく、iPhoneも併用して作業している方も多いでしょう。そんな時、「iPhoneでPDFファイルって作成できないの?」と疑問に感じたことはありませんか?

実はiPhoneに保存された書類や画像をPDFファイルに変換するのはとても簡単です。以下でいろいろな方法を紹介していますので普段の作業に活用してみてください。

どんなアプリ(ツール)を使えばPDFを作成できるの?

ここでは、既存のiPhone(iOS12以降)の機能でPDFを作成できる方法や、アプリインストール不要で使える方法、PDF編集アプリを使った方法など、さまざまなケースをご紹介します。

・【アプリ不要】スクリーンショットを撮影してPDFで保存

  1. iPhoneでPDFにしたい部分を開き、スクリーンショットを撮影
  2. 左下に表示されるサムネイルをタップ
  3. 使用範囲を調整して、左上の共有アイコンをタップ
  4. [プリント]をタップ
  5. 表示されたプレビューを2本の指でピンチアウト(2本の指で中心から外側に開く)
  6. 左上の共有アイコンをタップ
  7. 保存先とファイル名を指定して保存

PDF 編集

・【アプリ不要】iOS13のSafariでWebページ全体をPDFで保存

  1. 「Safari」アプリを起動し、PDFで保存したいWebページを表示
  2. [フルページ]をタップ([フルページ]を選択することで、Webページ全体のPDFを作成することができます。)
  3. [完了]をタップし、[PDFを“ファイル”に保存]をタップ
  4. 保存場所とファイル名を指定して[保存]をタップ

・【インストール不要】「メモ」アプリでPDFを作成

  1. iPhoneで「メモ」アプリを起動
  2. PDFにしたいメモを選択
  3. 画面右上の[・・・]アイコンをタップし、[コピーを送信]をタップ
  4. [マークアップ]をタップし、完了をタップ
  5. [ファイルを保存]をタップ
  6. 保存場所とファイル名を指定して[保存]をタップ

(4. で[プリント]をタップ→プレビューをピンチアウトでも作成が可能です。)

・PDF編集アプリでPDFを作成

iPhoneで利用可能なPDF編集アプリは豊富に存在します。WordやPowerPointのようにPDFファイルを新規作成し、作成後に編集やその他のファイル形式に変換することも可能です。以下でPDF編集アプリのメリットとデメリットも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

PDF編集アプリでPDFを作成するメリット・デメリット

ここでは、PDF編集アプリでPDFを作成するメリットとデメリットをご紹介します。

・PDF編集アプリでPDFを作成するメリット

PDF編集アプリでPDFを作成するメリットはWordやPowerPoint感覚でファイルを作成し、そのままPDFで保存ができ、編集も直接行うことができる点です。

また、作成したPDFファイルをWordやPowerPointなどの別の形式に変換することも可能なアプリもあり、用途に合わせて一度作成した書類を再利用することができます。

・PDF編集アプリでPDFを作成するデメリット

PDF編集アプリでPDFを作成するデメリットはアプリをインストールしなければいけないため、iPhoneの容量を逼迫させてしまいます。また、無料のPDF編集アプリもありますが、有料のものもあるので、その分費用がかかってしまうこともあります。初めてPDFファイルを作成する場合は、まずは既存の機能を活用したり、無料版のPDF編集アプリを使ってみてから有料版を検討してみましょう。

今回はおすすめPDF編集アプリ3つをご紹介

ここではおすすめのPDF編集アプリを3つご紹介します。

PDF Reader

PDF Reader

KdanのPDF Readerはテキストの入力はもちろん、手書きのメモや線を追加したり、図形なども簡単に追加が可能です。

多くの無料版のPDF編集アプリは機能が限定されています。「ファイル変換機能や透かしの追加などは有料版にしかない・・」などといったケースが多くみられます。KdanのPDF Readerには他社ソフトの有料版の機能もすべて搭載されています。(テキストや画像の追加や既存のテキストを直接変更、テキストにマーカーを引く、透かしを追加、パスワードを追加、電子サインの追加、PDFページを回転・トリミング・挿入・置き換え・分割・結合など)

また、全デバイス・OSに対応しているため、iPhoneで作成したPDFファイルをWindowsのPCやAndroidの端末などで閲覧・編集なども可能です。

在宅ワークや外出先での作業が多い方や、さまざまなデバイスを併用して作業している方はチーム全体でいつもでも、どこでもデバイスの違いを気にすることなく利用することができて便利です。

PDF Reader無料で使ってみる:iOS .MacWindows

Microsoft Office Lens

Microsoft Office LensはMicrosoft製のPDF編集アプリで、ホワイトボードやドキュメントを撮影した写真のトリミングや拡張を行い、読み取り可能なデータにしてくれます。エクスポート先に「PDF」を指定しておくと、カメラで撮影後、そのままPDFになります。WordファイルやPowerPointプレゼンテーションにも変換が可能なので、取り込んだ後に編集してからPDFに変換することもできます。

PDFelement 7 Pro

PDFelement 7 ProはPDFの新規作成・編集、注釈付け、パスワードロックなど全て1つのアプリで行うことができるPDF編集アプリです。

無料版と有料版で基本的な機能は同じですが、無料版は透かしが入ってしまいます。まずは無料版で使い心地を試してみるといいでしょう。

筆者がおすすめするPDF編集アプリはこちら

PDF ReaderはWindowsやMac、iPhoneやiPadといったモバイル端末など、全デバイスに対応しています。さらにWindows OSやMac OSなど、すべてのOSにも対応しています。リモートワークでオフィスへ出社していない方や出先での作業が多い方、複数のデバイスを併用して作業している方はチーム全体でいつでも、どこでもデバイスの違いを気にすることなく利用することができるPDF Readerをおすすめします。

またKdanのPDF Readerは無料版であっても非常に豊富な機能を備えており、他のPDF編集アプリでは有料版の機能であっても無料で使うことができるので非常におすすめす。ぜひ一度無料で試してみてはいかがでしょうか。

PDF Readerを無料で試してみるiOS .MacWindows

⭐ 合わせて読みたい 
無料でPDFを分割できるおすすめツールのご紹介:こちらへご覧ください

まとめ

いかがでしたか?iPhoneの既存の機能やアプリを使ってPDFを作成できることを知らなかった方も多いのではないでしょうか?わざわざアプリをインストールしなくてもPDFファイルを作成できるなんて本当にありがたいですよね。PDF編集アプリを使用することで、便利な編集機能も同時に利用することができます。ぜひ色々なPDF編集アプリを試してみて、用途やシーンに合ったあなたに最適なPDF編集アプリを見つけてみてください。

作者: Takahiro Tsunematsu

日本市場のビジネス戦略やマーケティング部門担当 日本の大手企業から海外企業のコンサルを行っています! 好きなKdanのツールは「NoteLedge」

Leave Message