【電子契約/電子署名の普及率】電子サインアプリ/ツール導入メリット

契約業務 電子サイン

モバイル端末の急速な普及やクラウドサービスの向上により、電子サインアプリを活用した契約業務が一般化しつつあります。今回は、契約書の複製や多言語対応、フリーハンドサインなど、さらに便利になった 電子サイン アプリ導入の3つのメリットをご紹介します。

電子契約の普及率とメリット:契約業務の今までとこれから

従来の契約業務は、契約書を作成して印刷し、クライアントに日付を記入、サイン、押印をしてもらい、その契約書は持参して頂くか、郵送してもらう必要がありました。契約締結後は原本を社内の倉庫やキャビネットで管理をし、物理的な保管方法を行っていました。

業務の効率化

しかし、スマホやタブレット型端末などのモバイル端末の普及により、外出先で作業をする営業担当者の働き方が大きく変わりました。

電子サインを活用することで、ネットワークを通じて社外でも書類の送受信が可能です。そのため、いちいち会社に戻る必要がなくなり、効率よく作業を進めることができます。

電子契約の普及率とメリット:普及率は年々伸び続けている

紙の契約書を利用する習慣が根強く残っていた日本でも、電子サインのシステムを導入済の企業は43.1%、検討中の企業を含めれば63.7%に上ります

スタートアップ企業やベンチャー企業を中心に普及率が高まっているものの、全体として電子サインに対する抵抗感がここ数年で急速に薄まってきました。今後在宅ワークの導入も追い風となり、大手企業やあらゆる業種でもさらに電子サインが一般化してくるでしょう。

今回は急速に進化し続ける電子サインアプリ導入における3つのメリットをご紹介します。

⭐ペーパーレス化により契約業務を効率化する方法とは?詳細はこちら

 

電子契約の普及率とメリット:契約業務にさらなる可動性をもたらす

ペーパーレス化は環境に優しいというメリットだけでなく、職場のモビリティを加速させることができます。現在、モバイル端末の普及率は史上最高で、インターネットの接続環境も向上しているため、クラウドサービスとアプリを使って外出先で契約に署名することができます。

電子サイン機能で

契約業務を電子化することで、クライアントはどこにいてもモバイル端末で電子サインができ、その契約書をあなたはすぐに受け取ることができます。時間と印刷費用の大幅な節約を実現することができるのです。

 

電子契約の普及率とメリット:多言語にもすばやく対応可能

電子サインは非常に柔軟性に富んでいます。電子化されているため、テキストの色やスタイルを用途に合わせて自由に変更が可能です。また、様々な言語で作成する必要がある場合にも、複数のバージョンで簡単に複製ができます。

最近では、ほとんどのP D Fリーダーやドキュメントアプリでも簡単に電子サインができるようになってきました。

様々な国のクライアントとやり取りをする場合、その国の言語で契約書を交わすことができるのは、ビジネスにおいて非常に大きな強みになります。

 

電子契約の普及率とメリット:フリーハンドで瞬時にサインが完結

今までライティングボードにサインをし、画像として保存したものを電子サインとして使用していた方も多いのではないでしょうか?

フリーハンドサイン機能なら、タッチペンを使ってモバイル端末の画面に直接サインができます。それにより、サインの画像を作成してインポートする手間を省くことができ、さらに簡単にすばやくドキュメントにサインが可能です。

DottedSign ドットサイン

電子契約の普及率とメリット:まとめ

いかがでしたか?契約業務を電子化することで営業担当者の作業効率を向上させるだけでなく、クライアントの手間も削減させることができます。ぜひ活用してみてください

 

作者: Kdan Mobile

創造性と生産性を高めるSaaS企業であるKdan Mobileの公式Twitterです。 製品:✍️電子署名サービス #DottedSign (ドットサイン )、📄萬能PDF編集ツール PDF Reader (PDFリーダー)、🎨手書きアニメ AnimationDesk (アニメーションデスク)、🗺絵描きノート NoteLedge (ノートレッジ)、 と 🎬動画制作/編集アプリWrite-on Video。

在〈【電子契約/電子署名の普及率】電子サインアプリ/ツール導入メリット〉中有 1 則留言

Leave Message