「電子サイン」と「電子署名」の違いとは?おすすめ電子契約アプリ

電子サイン 電子署名 違い

新型コロナの影響で、企業活動がリモートワークやテレワークに移行する中、契約業務も「電子化」に移行されつつあります。様々なサービスが登場する中で、「電子サイン」と「 電子署名 」の違いはなにか?という壁にぶつかった方も少なくないと思います。

今回は「電子サイン」と「電子署名」の違いを解説した上で、契約業務を効率化させる電子サインの機能の違いや導入メリット、おすすめアプリについてご紹介します。

まずはおさらい!「電子契約」とは?

電子契約とは、電子上(オンライン上)で契約業務を完結することのできるサービスの総称を言います。KdanのDottedSignを使うと、クラウドから簡単にドキュメントをインポートでき、オンライン上で担当者からサインの依頼を受けることができます。従来のように紙の契約書を印刷、郵送したりする必要はなくなり、契約業務を最適化できます。

では、電子契約の中でも「電子サイン」と「電子署名」の違いとは何なのでしょうか?

電子契約 DottedSign

「電子サイン」と「電子署名」の違いとは?

「電子サイン」と「電子署名」の違いを一言で説明すると、サインする際の本人確認の証明(本人性の担保)の違いになります。どのようにして署名者の本人性を担保するのか、その方法が「電子サイン」と「電子アプリ」によって異なります。では、それぞれ解説していきます。

「電子サイン」の本人確認の証明方法

「電子サイン」の本人確認の証明方法では、メールやSMSを用いた認証が行われます。メールでの認証後、契約システムが提供する仕組みやログによって本人確認を行います。「電子サイン」のメリットは導入のしやすさです。契約サービスの登録やメールアドレスのみで利用できるため、比較的導入しやすい署名タイプと言えます。

「電子署名」の本人確認の証明方法

「電子署名」の本人確認の証明方法には、電子認証局が厳格に本人確認した電子証明書を用いられます。電子署名法に準拠し証拠力が非常に高い署名タイプです。そのため、一般的にサインが必要な場では使われることがなく、より厳格な認証が必要となる場で使われることが多いです。

「電子サイン」DottedSignと「電子署名」DocuSignやHelloSignとの違いは?

DottedSignには、他の電子サインアプリの中でも際立っている3つの機能があります。

  • 直感的に操作可能なデザイン

シンプルで使いやすいデザインは、日々場所を問わず、モバイル端末を駆使しながら生活する現代のユーザーの生活に適応しています。

  • 2段階認証プロセス

IDとパスワードを入力後、さらにメールやSMSなどで通知を受信し、もう一度認証作業が必要になります。これにより、他の誰かが代理でサインするリスクを回避します。

  • 価格

DottedSignは、他のアプリに負けない魅力的な価格で提供します。1ライセンスあたり月額$ 9.99および年間$ 59.99です。企業向けのボリュームライセンスの価格については、ここにお問い合わせください。

ペーパーレス化により契約業務を効率化する方法とは?詳細はこちら

電子サインアプリの導入メリットとは? 

世界的に電子サイン市場は急速に成長しています。これは、契約業務がますますペーパーレス化され、より効率的な電子サインサービスが好まれる傾向にあることを示しています。スタートアップ起業や個人事業主がDottedSignを利用することで、コスト効率を維持しつつ、最新のトレンドに対応することができます。

KdanのPDF Readerのサイン機能とDottedSignの違いは?

DottedSignは、契約業務の管理に特化した電子サインアプリです。複数の担当者にサインする箇所を割り当てたり、進捗バーでステータスを確認でき、一目で進捗を確認することができます。DottedSignの最大のメリットは、担当者の変更履歴をタイムスタンプ付きで自動的に保存し、文書改ざんや情報漏洩などのリスクから守ります。

一方、PDF ReaderはPDFビューワーとしての基本機能を備える中で、PDFに電子サインをすることが可能なアプリです。より契約業務を効率化するにはDottedSignがおすすめです。

電子サインは合法ですか?

法律は国によって異なりますが、ほとんどの法律は署名者認証、意思と同意、最終証明の基準を満たしている限り電子署名を受け入れます。DottedSignはこれらの要件のそれぞれを満たしています。もちろん、日本でも満たしています。

DottedSignは、ドキュメントの完成後にダウンロードするすべての署名者のアカウント検証と完全な監査証跡を使用することにより、これらの基準を満たしています。

DottedSignを当社のCRMまたはERPシステムに統合できますか?

生産性を継続的に向上させるために、CRM / ERPシステムとの統合に積極的に取り組んでいます。現在、契約業務の工数を大幅に最適化できるこのツールに人々が大いに期待していることがわかっています。このデジタル時代では、紙の契約書を管理するのには信じられないほど時間がかかると感じている方が多くいます。DottedSignを試してみたい方は、ここから無料体験版をお使い頂けます。

まとめ:「電子サイン」か「電子署名」か、御社に最適なアプリは?

急成長する電子サインアプリ業界において、どのアプリを導入しようか迷われている企業は少なくありません。KdanのDottedSignはコスパのよいサービスを提供しています。比較的低コストサービスにも関わらず、お客様の使い心地を最重要視しているアプリを無料でお試しいただくことかできます!

作者: Kdan Mobile

創造性と生産性を高めるSaaS企業であるKdan Mobileの公式Twitterです。 製品:✍️電子署名サービス #DottedSign (ドットサイン )、📄萬能PDF編集ツール PDF Reader (PDFリーダー)、🎨手書きアニメ AnimationDesk (アニメーションデスク)、🗺絵描きノート NoteLedge (ノートレッジ)、 と 🎬動画制作/編集アプリWrite-on Video。

在〈「電子サイン」と「電子署名」の違いとは?おすすめ電子契約アプリ〉中有 1 則留言

Leave Message