無料で使えるおすすめOCRスキャンアプリ|OCRで書類や写真をデータ化

スキャンアプリ OCR

 

デジタル化が進んでいる現代で、紙に印刷された写真や書類などをスマホやパソコンで扱いたいと言う人は少なくないと思います。しかし、データとして扱うにはスキャナーを用意する必要があります。ここでスキャナーいらずで簡単に紙の写真や書類をデータにすることができるのがOCRスキャンアプリです。

今回はOCR機能を搭載したスマホ対応のスキャンアプリの選び方やおすすめスキャンアプリを紹介します。OCR機能を搭載しているおすすめOCRアプリや無料でスマホで使えるスキャンアプリも紹介しますので参考にしてください。

そもそもスキャンアプリとは?

スキャンアプリとは、文章や写真などが印刷された紙をスマホのカメラでスキャンしてデータとして取り込むためのアプリです。「カメラで写真を撮ればいいのでは?」と思う人もいると思います。しかし、普通のカメラで書類などを撮影するだけでは、影や歪みなどで文字が読みづらかったりQRやバーコードが読み込めないということが起こる可能性があります。そこで、スキャンアプリを使用し影や歪みを補正することでより見やすいデータとして保存でき、普通のカメラで写真を撮った時に起こる問題を未然に防ぐことができます。また、「OCR」と言われるスキャンした書類の文字を読み込み、文字として保存することができる機能を備えたOCRスキャンアプリもありますので、目的に合ったスキャンアプリを選びましょう。

⭐ スマホでもPDFファイルを編集することができるアプリとは?:こちらをご覧ください

目的に合わせたスキャンアプリの選び方

スキャンアプリ OCR

スキャンアプリの自動認識・手動認識

スキャンアプリには、認識機能を2つに分けることができます。

1つ目は、自動認識機能です。自動認識では、文字や書類、写真などを自動で認識してスキャンすることができ、手動で認識する必要がない分、作業効率を上げることができます。そのためスキャンするものが大量にある場合などにおすすめです。しかし、デメリットとして自動で認識するということもあり認識がずれたりする可能性があります。そのため、自動で認識しやすくするために、明るくて平らな環境を用意する必要があります。

2つ目は、手動認識機能です。手動認識では、スキャンするものを手動で認識することにより、正確なスキャンをすることができます。一枚一枚手動で行わなければいけないので少し手間が掛かりますが、自分で認識させることができるので必要な部分だけをスキャンしたり、少し読み込みづらい環境であっても正確にスキャンすることができます。

このように自動認識と手動認識、それぞれのメリット・デメリットを考え使用用途に合わせてスキャンアプリを選ぶことをおすすめします。

スキャンアプリが結合機能を実装しているか

結合機能とは、スキャンした複数のページを1つのファイルとして保存する機能のことです。

結合機能が備わっていないスキャンアプリでページ数の多い書類などをスキャンする場合、同じ書類なのに1ページごとに保存され、データの整理などが大変で扱いづらくなってしまうということがあります。このようにページ数の多い書類などをスキャンする予定の人は、結合機能が備わっているスキャンアプリをおすすめします。

スキャンアプリがクラウド機能に対応しているか

スキャンアプリは、普段から使っているスマホで使用するのが一番扱いやすいです。しかし、スマホだけでなくスキャンしたデータをパソコンやタブレットといった他のデバイスでも扱いたい時があると思います。そこで活躍するのがクラウドサービスです。ほとんどのスキャンアプリがクラウド対応してはいるものの、「どのクラウドサービスが対応しているのか」が異なります。普段から使っているクラウドサービスが対応しているスキャンアプリを選ぶことをおすすめします。

スキャンアプリにOCR機能が実装されているか

OCR機能とは、文字認識機能の略で、スキャンした文章を文字として認識しテキストとして起こすという機能です。紙に書かれた文章をテキストに起こすのが面倒な時や、文字数が多い時などにおすすめなのがOCR機能です。高性能なものでは手書きの文章を文字として認識し読み取ることができるスマホ対応のOCRスキャンアプリもあります。手書きの書類などを扱う機会が多い方は、手書きの文字を認識するのに対応したスマホ対応のOCRスキャンアプリを選んでみるのをおすすめします。

スキャンアプリがイラストの読み込みと編集機能に対応しているか

スキャンアプリには、書類などに書かれている文字を読み込むのを得意とするスキャンアプリのほかに、イラストや絵を読み込むのを得意とするスキャンアプリがあります。自分で描いた絵などをデータとして読み込みたい人には、イラストを読み込むのを得意としたスキャンアプリをおすすめします。活用方法としてはスキャンアプリでモノクロの絵を、ペイントアプリで色を付けるなんてこともできます。

⭐ 動画作成も簡単!手描きアニメーションの作成方法!:こちらをご覧ください

OCRを導入することによるメリットとは?

ここで、「OCR」という言葉を初めて聞いた方に向けて、OCRを導入することによるメリットを簡単に記載します。OCRの役割として大きく以下の3つのことが挙げられます。

・データ入力の手間削減による業務の効率化
・文字(テキスト)データの読み込み
・保存されたデータの検索

OCRを導入することにより、日々の業務効率的に繋がるということが大きなメリットです。

⭐合わせて読みたい
OCRの基礎知識と導入によるメリットについて解説!:詳しくはこちらをご覧ください

おすすめのスキャンアプリ5選

OCRスキャンアプリ おすすめ

モバイル端末でFAXに直接送信ができるOCRスキャンアプリ「Pocket Scanner

Pocket Scannerの特徴として、スマホやタブレットといったモバイル端末から直接FAXを送信することができます。テレワークが推奨されデジタル化が進んでいる現在ですが、日本ではFAXを使用している会社が未だ数多く存在します。また、読み込んだデータをもとにサインの作成や画像でカスタムスタンプを作ることができとても自由度が高いスキャンアプリです。

基本的な機能として、ノートや書類、レシートなどをスキャンできるのはもちろんのこと、そのスキャンした画像にテキストや見出しの挿入をすることができます。もちろんOCR機能にも対応しておりますので、読み込んだ文章をテキストとして起こすこともできます。その他にも高度な画像処理やクラウドサービスにも対応しており、オールマイティな無料で使えるおすすめOCRスキャンアプリです。

⭐ 無料でOCRスキャンアプリを試してみる:iOS版

OCR機能に対応しているスキャンアプリ
Adobe Scan

Adobe Scanは、名刺から書類までさまざまな形式で自動スキャンに対応しています。OCR機能にも対応しており、書類などの中の文字をテキストとして起こすことも可能です。編集機能もついており、スキャンした書類のトリミングや回転、色の補正などをすることもできます。Adobe Documentへのクラウド保存に対応しており、スキャンしたデータをパソコンやタブレットなどの他のデバイスで使用や保存することもできます。

⭐ 無料でOCRスキャンアプリを試してみる:iOS版   Android版

ノートアプリとの相性抜群なスキャンアプリ
Evernote Scannable

Evernote Scannableとは、ノートアプリで有名なEvernote Corporationが提供しているスキャンアプリです。このスキャンアプリの強みは何といってもノートアプリである「Evernote」との相性の良さです。クラウドサービスを利用してEvernoteと連携し、データの管理や編集することができます。スキャンアプリとしてのクオリティも高く、自動画質調整機能により、書類などを高画質に保存することができます。

ノートアプリEvernoteを使っている方は、スキャンアプリEvernote Scannableを使うことをお勧めします。

⭐ 無料でスキャンアプリを試してみる:iOS版

様々なファイル閲覧形式があるOCRスキャンアプリ「FineScanner

他のスキャンアプリでは書類をPDFでしか閲覧することができないなんてことがあります。しかし、Fine Scannerは、データを閲覧できるファイル形式がPDFに限られず、docxやtxtなど12種類もあります。閲覧できるファイル形式が12種類もあるので、仕事で書類を共有する時にスムーズに行えます。またOCR機能がついているのはもちろん、日本語や英語だけではなく193の言語を自動で認識することができ、それをテキストに起こすことが可能なので、扱っている言語が多い方におすすめなOCRスキャンアプリです。

⭐ 無料でOCRスキャンアプリを試してみる:Android版

画質補正機能が優秀なOCRスキャンアプリ「CamScanner

CamScannerの一番の特徴は、画質補正機能です。スキャンアプリはスキャナーを使わずに簡単にスキャンできる半面、スキャナー程画質がよくないと言う時があります。しかし、CamScannerは、画質補正の機能が優秀で、細かい文字までしっかりと高画質でスキャンすることが可能です。またクラウドサービスにも対応しているので他の端末で閲覧や編集することもできるOCRスキャンアプリです。

⭐ 無料でOCRスキャンアプリを試してみる:Android版

各スキャンアプリの比較

ご紹介したスキャンアプリを、分かりやすくスキャンアプリの選び方をふまえて表でまとめました。こちらの表をふまえて自分の用途にあったスキャンアプリを選んでみることをおすすめします。

認識
タイプ

結合
機能

クラウド
対応
OCR
機能
イラストの
読み込み
Pocket Scanner 自動
Adobe Scan 自動 ×
Evernote Scannable 自動 × ×
Fine Scanner 自動 ×
CamScanner 自動

1番おすすめするスキャンアプリはこれ!

スキャンアプリ 人気

一番おすすめのスキャンアプリは、Pocket Scannerです。このスキャンアプリは、無料で使えるのはもちろんのこと、先ほど説明した選ぶうえでのポイントである、撮った写真をそのままPDFデータに変換する機能や複数の写真データをPDFファイルで結合する機能、クラウド上でデータを共有するクラウド機能を全て押さえています。撮ったデータを見やすくするための高度画像スキャン機能も内蔵されています。
また、スマホなどのモバイル端末からFAXへの印刷・送信機能はビジネスの場面でとても役に立ちます。特におすすめすべき機能である、撮ったデータに電子サインを可能にする電子サイン機能ではペーパーレス化を進めることができます。
もちろんOCR機能にも対応しており、オールマイティに使うことができるおすすめのOCRスキャンアプリなのでどれを使うか迷っている方は、Pocket Scannerを使うのをおすすめします。

⭐ 資料作成にも役立つ!おすすめノートアプリとは:【アイデア整理のための便利ノートアプリはこれ!】情報共有にも最適

 

スキャンアプリ:まとめ

スキャンアプリについて、選び方やOCRの解説、また無料で使えるおすすめのスキャンアプリを紹介してきました。デジタル化が進んでいる現在でも紙での書類や写真が使われてているのが現状です。スキャンアプリは、そのような書類や写真をデジタル化しビジネスの場面において作業効率を上げることができます。特にOCR機能は、スキャンした文章を文字として認識しテキストとして起こすことができるので非常に便利でおすすめな機能です。今後のビジネスをスキャンアプリの活用でより良い物にしてみてはいかがでしょうか。

作者: Takahiro Tsunematsu

日本市場のビジネス戦略やマーケティング部門担当 日本の大手企業から海外企業のコンサルを行っています! 好きなKdanのツールは「NoteLedge」

Leave Message