【2021年版】最適なPDFリーダー の選び方|5つのポイントとは?

PDFリーダー 選び方

在宅ワークや取引先などの会社外で作業をする機会の増加に伴い、従来の紙業務から、PDFファイルなどの電子ファイルで資料をやり取りする場面が多くなりました。

PDFファイルは別のパソコンで開いても文字化けやフォントの崩れなどが起きることなく閲覧できる点がメリットです。

最近では、さまざまなデバイス間でPDFを編集・管理できる色々なツールがあり、選ぶのが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?

今回はさまざまなデバイスに対応した最適なPDFリーダーを選ぶ5つのポイントをご紹介します。

1. さまざまなOSやデバイスでPDFの閲覧が可能か

まず確認すべき点は、PDFリーダーがiOS、Mac OSX、Android、Windowsなどの複数のOSに対応しているかどうかという点です。一部のOSにしか対応していないアプリを採用した場合、PDFファイル作成したデバイス以外でファイルを開くたびに文字化けやフォーマットの崩れを起こす可能性があります。複数のOSに対応

2. 編集ツールの豊富さ(注釈・電子サイン)

PDFファイルを開いた時にファイルを編集したり、コメントを書き加えたりしたいと思ったことはありませんか?

編集機能付きのPDFリーダーでは、文書を編集したり、コメントを追加したり、契約書にサインをしたりすることが可能です。モバイル端末にも対応しているアプリであれば、それらの機能がiPhoneやiPadでも利用できます。

Officeがなくても、PDF ReaderでWordファイルに署名できる方法

 

3. OCRコンバーター機能の有無

光学式文字認識(OCR)とは、テキストや画像を読み取り、コンピュータが利用できるデジタルの文字コードに変換する技術です。これにより、文書から内容を抽出して変更したり、キーワード検索などをすることができます。OCR機能付きのPDFリーダーを利用すると、PDFファイルかテキストや画像をスキャンしてドキュメントを作成することができます。いちいち手入力する手間を削減でき、非常に便利です。

 

4. セキュリティ性が高いか

多くの企業や個人が紙の書類を電子化するようになり、会社の機密情報を保護する取り組みがこれまで以上に重要になっています。Kdanの PDFリーダーは、ウォーターマークの追加やPDFのファイルの暗号化が可能で、あなたの大切なファイルを保護します。

ウォーターマークを追加

日本語で「透かし」のことです。会社やユーザー名などで文書にウォーターマークを入れておくことで出どころを特定することができ、盗用や文書の漏洩を未然に防ぐことができます。

PDFファイルの暗号化

パスワードを使用してドキュメントをパスワードで保護しておくことで、正しいパスワードを知っている人のみドキュメントを開くことができるようになります。

 

5. 安心できるカスタマーサポートがあるか

アプリをダウンロードする前に、ダウンロードページやアプリの説明ページに問い合わせ先が明記されているか確認しましょう。また、ウェブサイトやSNSの投稿に開発者のコメントがあったり、ストア内でアプリ提供者がコメントに対して定期的に返信をしているアプリであれば、万が一使用中に不具合が生じた場合にも安心です。

 

まとめ

いかがでしたか?

Kdan MobileのPDFリーダーは、これら5つのポイントをすべて兼ね備えたPDFファイルの閲覧・編集・管理・共有が可能なアプリです。

PDFリーダーを試してみたいという方は、こちらのページをクリックして、PDFソフトウェア開発キット(SDK)をチェックしてみてください。

 

 

Free-PhotosによるPixabayからの画像

作者: Kdan Mobile

創造性と生産性を高めるSaaS企業であるKdan Mobileの公式Twitterです。 製品:✍️電子署名サービス #DottedSign (ドットサイン )、📄萬能PDF編集ツール PDF Reader (PDFリーダー)、🎨手書きアニメ AnimationDesk (アニメーションデスク)、🗺絵描きノート NoteLedge (ノートレッジ)、 と 🎬動画制作/編集アプリWrite-on Video。

Leave Message