仕事効率化のための必須ツール3選!スタートアップ必見!

多くの起業家は、プログラミングなどのハードスキルと対人コミュニケーションなどのソフトスキルを合わせ持っています。しかし、それだけではビジネスを成功させることはできません。基本的なビジネス機能をサポートするツールを活用することで、仕事を効率化し可処分時間を十分確保することが次に必要なステップなのです。

以下では、私たちKdanが過去10年間でスタートアップから本格的なグローバル企業へと成長した経験をもとに、業務効率化のために必須な3つのツールをご紹介します。

 

必須ツール1:会議効率化ソフトウェア

全ての企業にとって会議は避けらないものですが、すべての会議がFace to Faceで行われることはありません。 近年はオンライン会議も増えてきており、オンライン会議を実現するのが会議効率化ソフトウェアです。

会議効率化ソフトウェア、LINEやSkypeなどのコミュニケーションツールと比較すると、高品質の通信と画面を共有することができるという利点があります。

これらの要因により、コミュニケーションが迅速に、簡単に、効率的に行うことができるのです。会議用ソフトウェアがなければ、私たちKdanは台湾、米国、中国のオフィスを円滑につなぐことができないでしょう。では、おすすめの会議効率化ソフトウェアをご紹介します!

Zoom

Kdanでは会議効率化ソフトウェアとして「Zoom」を推奨しています。Zoomでは、解像度の高い映像と音声品質によって、国境を超えて複数の相手との対面コミュニケーションを同時に実現することができます。また、PC、スマートフォン、タブレットなど、現在一般的なデバイスであればZoomをインストールできます。いつでも、どこでも、どんな端末からでも Web会議を開けます。

スタートアップ企業にとっては無料プランで十分な会議を行うことができるでしょう。 有料プランにアップグレードすることにより、追加機能を使用しすることが可能です。

会社の状況に応じて臨機応変にプランを変更できるため、成長スピードが早く会社の状況が変化しやすいスタートアップや中小企業にZoomはおすすめです。

 

必須ツール2:顧客関係管理(CRM)システム

取引する顧客が増えるほど、過去データを追跡し既存の顧客との関係も維持しながら、新規顧客のデータを管理することが難しくなります。そこで、顧客管理を効率化するツールとして、顧客関係管理(CRM)システムは必須となります。

CRMシステムはその名の通り、顧客とのやり取りに関するデータを追跡し、データベース上に保存・管理することができます。また、見込み客や顧客のより良い定義を得ることや、パイプラインを理解すること、リモートワーカーがクラウドを通じて社外で重要な顧客情報にアクセスすることを可能にするのです。では、おすすめの顧客管理システムをご紹介します。

Pipedrive

KdanはCRMシステムとして「Pipedrive」を推奨しています。Pipedriveは使いやすく、非常に直感的なユーザーインターフェースを備えており、メールの自動化や包括的な販売管理などの機能を有しています。

さらに、他の大規模なCRMシステムと比較して、Pipedriveはスタートアップ向けの価格帯となっております。

 

必須ツール3:PDFリーダー

最後にご紹介するのはPDFリーダーです。PDFリーダーを使用することで、御社のビジネスを効率化することができます。PDF形式のドキュメントを扱う中で、編集や更新に困ったことはありませんか?PDFリーダーを活用すると、契約書やホワイトペーパー、その他のPDFドキュメントに署名や編集、保存、転送、および注釈を付けることが可能です。

PDFリーダーを使用することで、契約書に署名するまでの時間が短縮され、生産性が向上し、ビジネスの勢いが加速することでしょう。

KdanのPDFリーダー

私たちKdanは、自社でPDFリーダー(PDF Reader)のツールを提供しています。Document 365パッケージ内のPDF リーダーをお勧めしています。ドキュメントをスキャンすることでPDFに変換し、署名またはその他の注釈を追加することが可能です。

また、1TBの膨大なクラウドストレージの仕様が可能なKdan Cloudサービスを使用して、メンバー間で安全にファイルを管理および共有することもできます。さらに、KdanのPDF リーダーはDropbox、Google Drive、OneDriveをサポートしているため、様々なクラウドと連携することが可能です。

他の無料PDFソフトウェアの詳細

 

まとめ

いかがでしたか?本記事を通して、多くのスタートアップや中小企業の成長をサポートすることができれば幸いです。

また、本記事を通してKdanの製品や機能にご興味をお持ちいただけたら、ぜひ一度手に取って製品価値をその目でお確かめください。こちらから14日間の無料トライアルをお試しすることが可能です。

About the author

Kdan Mobile

View all posts

Leave Message